接客担当チーフ 小出博子

蟹御殿での仕事のやりがいは、

喜びの場面に立ち会えること          
       

『蟹御殿での仕事のやりがいは、喜びの場面に立ち会えること』

接客担当チーフ 小出博子

蟹御殿に来て23年目になります。太良町のお隣の鹿嶋市出身で、前職はみかんの農家でした。
はじめは農業が忙しくないときに働いていたんですけど、4年目からホテルが忙しくなって、フルタイムで勤務することになりました。

仕事は接客係です。お客様の食事のお世話をしています。蟹御殿の良さは、いい仲間がいることですね。阿吽(あうん)の呼吸で、何でも分かり合えるんです。忙しい時でも、互いのことをわかり合っているので、楽に仕事を進められます。

蟹御殿での仕事のやりがいは、喜びの場面に立ち会えることです。お客様に喜んでもらうのが、私たちの仕事。お客様に喜んでもらえると、私たちもうれしいんです。

10年ぐらい前の話です。東京に住んでいる娘さんが、福岡にいるお母さんを連れて、泊まりに来られました。母の誕生日のお祝いだったのを会話の中で聞きまして。私は調理場に頼み、竹崎蟹の陶土焼きを用意してもらったんです。そうしたら、記憶に残るぐらい、すごく喜ばれて。こちらまで感激してしまって。

また、年配の夫婦の話ですが、旦那様が奥様のために、バースデーケーキを用意してほしいと頼まれました。ケーキが出てきた瞬間、奥様はびっくりして、うれし涙を流されたんですよ。そんな喜びあふれる場面に立ち会えた時、この仕事をやっていて良かったなあと本当に思います。