バトラー 木須悠平

風の森バトラー 木須悠平
お客様のプロポーズの日に立ち会える
素敵な仕事          
       

『お客様のプロポーズの日に立ち会える素敵な仕事』

バトラー 木須悠平

2017年11月から、風の森でバトラーを務めています。宿泊のお客様の接客やお部屋の掃除、事務作業など、いろいろやっていますね。

もともと福祉の仕事に携わっておりまして、福岡市の障害者就労支援施設で働いていました。結婚、佐賀への引越しを機に、近場で職を探していたところ、人と接する仕事であり、サービス業であるという、福祉と通じる職業ということで、ホテル業に転じたんです。

相手のニーズを汲み取ること、何を言わんとするのか察すること。実際に風の森に入ってみて、福祉の世界と全く同じだなと感じています。だから、これまでの福祉の経験が役立ったなと思っています。

風の森で働いていると、うれしい瞬間がいっぱいあります。お客様が「ありがとう」「また来るね」と笑顔で帰られる時、ほんとに、背中がゾワゾワするような感動におそわれます。

忘れられない経験もしました。チェックインや夕食などの接客を担当させていただいた20代ぐらいのカップルのお客様でした。夕食後、お部屋に戻った時に男性のお客様が、女性のお客様にプロポーズされたそうで。もちろん、返事はオーケー。「昨日の夜から本当に最高で、一生の思い出になりました。ありがとうございました」と何度も、何度も言ってもらえて。

風の森には、記念日で来られる方が多いのですが、プロポーズは初めての経験。このお客様にとっては、生涯忘れられない記念日なんですよね。そんな日に自分が、少しでもかかわれたことが、うれしくて。風の森に入って良かったなあと思う瞬間でしたね。

今は風の森がある佐賀県武雄市の隣の伊万里市に住んでいます。出身は福岡市中央区なので、田舎の寂しさに最初は戸惑いもありましたが、慣れましたね。自然が豊かなので、幼い娘がいるんですが、子育ての環境は抜群です。

風の森にてお出迎え
風の森ご案内